機械設備事業

設計からアフターフォローまでのトータルサポート

標準の機械では対応できない加工工程用の専用機や設備の設計、製作もHiroshoへぜひご用命下さい。

お客様によって、必要とされる設備は様々です。生産性、省力性を高めるためには、最適化された設備が必要になります。
当社では、お客様のご要望、用途、使用条件、コスト等を綿密な打合せの上、十分にお伺いし、コストと性能のトータルバランスを考えたお客様に最適な専用機、設備のご提案を致します

こちらのページでは当社で製造を受託した事例を動画も交えてご紹介しております。
掲載できる事例は一部ですが、専用機がメインですので、「こんな加工がしたい!」や「こんな搬送をしたい!」といったご要望がありましたらご用命ください。

事例紹介

色識別自動搬送装置(展示会用デモ機)

色のついたピンポン玉をバケットリフターで持ち上げ、画像認識装置で識別し、色毎に各レールへ振り分ける装置で、展示会用のデモ機として製作いたしました。
振り分け時に色毎に個数をカウントし、三色の内どれかが10個貯まった時点でストッパーを外し、ピンポン玉を元の箱に流すプログラムにしています。
エアー供給のない所でも稼働できるようにコンプレッサーを搭載し、エアーのチャタリングを防止するため特殊なバルブをつけています。

当社では、お客様のご要望に応じて、設備の立案から、設計、部品調達、組付、設置試運転まで一貫して引き受けることができます。

動画を見る

負圧吸引式ショットブラスト装置

供給された投射材を、圧縮された空気と共に加工物に衝突させ、表面を仕上げる装置です。

用途はバリの除去や、加工面の研削等様々ですが、こちらはワーク表面処理前の密着性を高めるための下地処理を行います。

加工物に求められる表面粗さを満たすための投射材の選定や、工場内の限られた設置スペース内での設備配置等、打合せの中で浮かび上がった多くの課題を同時進行でクリアにしていきながら導入に至りました。

この事業カテゴリの実績一覧を見る
ページのトップへ